健康の為に体温を保つ

健康の為に体温を保つ

健康のために低体温を改善

健康のためには、体温に注意する必要があります。特に低体温の方は体が冷えて、血流が悪くなったり代謝が悪くなります。血流が悪くなると、老廃物が溜まり腸の環境が悪くなります。体臭や口臭が強くなって、仕事にも影響します。また免疫力が低下して、アレルギーの症状が出たり風邪をひいてもひどくなったりします。自律神経が乱れて、肥満になりやすくストレスも溜まってきます。健康のためには、ストレス解消も大事な要素です。低体温を予防するには、暖かいドリンクが効果的です。そのなかでも酵素が入っている甘酒やしょうが湯、ハーブティーが人気です。

人間の健康的な体温と年代

人間の健康的な体温は年齢や性別により変わることがあると言います。今回はそのあたりを含めた人間の適温について紹介します。まず、私達は産まれたときに母親の胎内から出てきます。さらに外敵から身を守るために温度を高めているのです。そのため、乳児は比較的温かく、常時37度前後あるのが一番健康的な温度とされています。その後就学前の子供から中年齢の年までは平均として36度から37度の間が適温とされています。しかし、ここにはかなり個人差が出てくるため、一概には言えません。近年では不健全な生活が招いてしまう低体温症の人も増えているようです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 健康な人の平均体温はどれぐらい All rights reserved