健康の対策は体温

健康の対策は体温から

健康の対策は体温が重要

健康を維持する為に体温は重要なポイントです。一般的には36.5℃~37℃が平均的です。これを下回ると大きく免疫力が落ち、風邪や病気にかかり易くなります。健康を維持する為の対策を心がけましょう。根菜類など体を温める食材を食べる。温かい飲み物でも体を冷やすコーヒーや冷たい飲み物は内臓を冷やす為、飲みすぎに充分に注意しましょう。適度な運動や歩く事で、体を内部から温めるのも効果的です。熱めのお湯の入浴は一時的に体を温めますが、その後血流が減少する為、温めのお湯に半身浴が理想です。ショウガや香辛料等の様に、最終的には発汗作用で体温を下げる物もある為、食の効能も楽しく勉強してみるのも良いでしょう。

基礎体温を上げると健康になる

基礎体温が上がると、身体の免疫力や代謝がアップして、さらに健康になれると言われています。体内の酵素の働きは、高温になるほど良くなりますから、自然に新陳代謝が良くなるのです。そして、老廃物をためこみにくい、太りにくい身体になれますからダイエットにも効果的です。基礎体温を上げるためには、日々運動するように心がけ、筋肉量を増やしていくことが大事です。また、温かい飲み物を飲んだり、足元を冷やさないなどの工夫も必要かもしれません。女性は特に身体が冷えると不調が出やすいので、健康のためにも身体を温めることを日々心がけたいものです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 健康な人の平均体温はどれぐらい All rights reserved